UP International Film Festival ()



締め切り

15 11月 2019
申し込み可能な

10 2月 2020
閉映画祭

17 2月 2020
通知日

28 2月 2020
01 3月 2020

住所

Dr.Rajendra Prasad Ghat,  221001, Varanasi (Kaashi), Uttar Pradesh, India


映画祭について
短編映画祭 >1' 30'<
長編映画祭 >90' 150'<


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 物理的な位置
 1月 2019
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  >1' 30'<
 長編映画  >90' 150'<
 任意の言語
 任意の言語
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet




Photo of UP International Film Festival
Photo of UP International Film Festival
Photo of UP International Film Festival
Photo of UP International Film Festival

English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 28 2月 2020      映画祭の終了: 01 3月 2020

ようこそ!



アップ国際映画祭、バラナシ(カシ)



二月二日一日



「UP INTERNATIONAL FILM FESTIVAL」をインドで受ける目的は、国際的な露出を探しているフィーチャやショートフィルムメーカーに自由の表現を与えることです。



インドは、その複数の文化、伝統、精神性を持つ世界の急速な発展途上国です。 UP.(ウッタル・プラデーシュ州)は、インドで最大の州です。 私たちは、「UP INTERNATIONAL FESTIVAL」は、バラナシ(カシ)で開催される3日間の国際映画祭の組織を通じて、UPの芸術、文化、伝統、観光の関心のある場所を世界社会に紹介する予定です。



多くの人々は、フィーチャーやショートフィルムを制作するために献身と情熱を持っていますが、資金や資源が不足しているため、その機能やショートフィルムを表示するプラットフォームを見つけることができません。 私たちは、「UP国際映画祭」は、彼らのユニークな作品をグローバル観客に提示するための国際プラットフォームを提供しようとしています。 「UP国際映画祭」はインドのバラナシで開催され、28-02-20年から01-03-2020年の期間に開催されています。



映画祭が終わったら、私たちは主シヴァ(カシ・ヴィシュワナート)寺院、サンカート・モチャン寺院、カール・ビワラフ寺院、サルナート仏寺、特別なガンガ・アールティ、ヴィンディャチャル寺院、プラヤグラジュ・サンガムにこの映画祭のすべての国内/国際出席者の2日間の訪問をホストしようとしています。



是非、インドを参照してください...



私たちはあなたを歓迎するためにここにいます... そして... 私たちはあなたの映画を歓迎するためにここにいます...



お問い合わせはこちらから:

*クリシュナ・ミシュラ:-フェスティバルディレクター



*ルチ・デュベイさん:-フェスティバル・コーディネーター



*アミット・ミシュラ:-イベントコーディネーター



アドレス:マントラ広告世界Pvt.Ltd, 地上階, 銀クレスト, アルフレッド·クレッドロード, ISKCON寺の近くに, Juhu,

ムンバイ-400049です インド。



(ハンドフォン:9196170158)



メールアドレス:upinternationalfilmfestival@gmail.com



電話番号、電話番号、電話番号、電話番号、電話番号



ホームページ:アップインターナショナル映画祭

提出
のルールと条件


※長編映画、短編映画、ドキュメンタリー映画、アニメーション映画、ウェブシリーズ、ミュージックビデオは、2019年1月1日から2019年12月31日まで完成している必要があります。



*エントリは、PAL形式のみである必要があります。 NTSCはご利用いただけません。 DVD は、.MP4 形式または.MOV 形式である必要があります。

※DVDの問題により映画が上映されない場合、フェスティバルマネジメントは責任を負いません。



※作品は、特集、ドキュメンタリー、実験、物語、フィクション、ノンフィクション、ミュージックビデオ、アニメーションです。 オリジナルフィルムは、35 mm、16 mm、HD、DIGI BETA、ベータSP、U-MATIC、DV、DVDで製造することができますが、フィルムは、プレビューのためにDVDプレゼンテーションで利用可能でなければなりません。



※長編映画は90分から150分、短編映画、ドキュメンタリー映画、ウェブシリーズ、アニメーション映画(フロントクレジットとバッククレジットを含む)は30分以下となります。 短編映画、ドキュメンタリー映画、ウェブシリーズ、アニメーション映画の最短ランニング時間はありません。



*映画祭で認められる言語は、ヒンディー語、すべてのインド地域言語、英語、すべてのヨーロッパ言語、すべてのアフリカ言語、すべてのアジア言語です。



*検閲証明書は必須ではありませんが、フェスティバルでの提出にはすべてのカテゴリーにNOCが必要です。これには、制作時間の証拠(例:1-2019~31~12~2019年の間の映画/ミュージックビデオの制作の証明)が含まれます。



※応募内容と合わせてDVDを2枚提出する必要があります。 各プレビュー DVD には、タイトル、実行時間、連絡先電子メール、通信先住所、電話番号のラベルが貼付されている必要があります。



※複数のエントリーを提出できますが、個別のエントリーフォーム、プレビューDVD、概要/説明/ポスターを同封してください。 各フィルムは、新しいエントリとみなされます。



*UP国際映画祭2020組織は、フェスティバルプロモーションの目的で、フィルムのエントリー/送信/選択/ノミネートされた映画、DVD、資料を使用し、各フィルムのDVDコピーをフェスティバルライブラリの一部として保持する権利を有します。



※最終審査に提出された作品は、フェスティバルが終わるまで、いかなる状況においても撤回することはできません。



※応募作品に同封する長編映画、短編映画、ドキュメンタリー映画、ウェブシリーズ、アニメーション映画の宣伝資料(プロモーション、トレーラー、パンフレット、スティルス、ポスターなど)の概要を掲載しています。 提出された応募資料は、応募者に返却してはなりません。



※原産国からフェスティバルオフィスまでのDVD、関連書類、写真、宣伝資料の輸送・保険費用は申請者の負担となります。



*フェスティバルは、インドの航空当局のカスタム部門への関税または登録を支払うことはありません。そのために小包が申請者に返却された場合、フェスティバル組織はそのような状況に対して責任を負いません。




  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン