Smita Patil Documentary & Short Film Festival ()



締め切り

20 1月 2019
申し込み可能な

28 2月 2019
早期締め切り

31 3月 2019
標準締め切り

30 9月 2019
後期締め切り

31 10月 2019
閉映画祭

20 11月 2019
通知日

14 12月 2019
15 12月 2019

住所

Arogya Sena National Head quarters, 10, Sanas Plaza, Bajirao Road Pune 411002 India,  411002, Pune, Maharashtra, India


映画祭について
短編映画祭 40'<


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 物理的な位置
 制作日: 任意の
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  40'<
 言語 
English
 字幕 
English
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet




Photo of Smita Patil Documentary & Short Film Festival
Photo of Smita Patil Documentary & Short Film Festival
Photo of Smita Patil Documentary & Short Film Festival
Photo of Smita Patil Documentary & Short Film Festival

English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 14 12月 2019      映画祭の終了: 15 12月 2019

フェスティバルの目的は、世界中のショートやドキュメンタリーを披露し、ストーリーテラーを促進することです。 2012年に@@

始まり、今後のフェスティバルは、イベントの7年目を迎えます。

すべてのルールと条件をよく
お読みください-
第8回Smita Patilドキュメンタリーと短編映画祭は、2019年12月14日から15日までプネで開催されます。 これは、Arogya Senaが主催しています, アロギア・セナについての詳細を知るためにwww.arogyasena.orgをご覧ください

時間:まで 40 分
フォーマット:ドキュメンタリーやショートフィルムは、任意のカメラで撮影することができますが、英語の字幕は英語以外の言語のために必須です. 提出が完了したとみなされるのは、映画のプレビュースクリーナーがダウンロード可能になった後のみです。


フェスティバルは個別にダウンロードを求めてはいけない場合があり、有効になっていない場合は、エントリーが拒否される可能性があります。

事前選択コミット:すべてのドキュメンタリーまたはショートフィルムは、Arogya Senaによって任命された事前選考委員会によって秘密裏に上映されます。 この委員会は、競争の目的に適合していない、または国民の感情を害する、または性別、カースト信条、宗教、言語に基づいて差別を促進する可能性のある、提出物を除外するあらゆる権利を留保します。 十分な技術的資質を欠いているドキュメンタリーやショートフィルムも拒否されます。
エントリは、生産または主題のコストに関係なく、独創性、工芸品、エンターテイメント、芸術的品質に基づいて判断されなければならない。

最終画面:事前選考委員会が選んだドキュメンタリーまたはショートフィルムは、競技会場での最終上映のみ対象となります。

出版承認:すべての応募作品
は、提出されたフィルムの一部を以下に使用するための非独占的限定使用契約をSPIFFに付与します。フィルムのタイトル、フィルムの概要、写真、トレーラー、その他の広報成果物、および主要キャストのいずれか SPIFFのウェブサイト、ソーシャルメディア(Twitter、Instagramの、facebook、YouTubeを含む)、印刷されたフェスティバル映画ガイド、フェスティバルモバイルアプリ、ラジオ、テレビ、プレス 映画祭と映画上映を宣伝、宣伝、宣伝、宣伝、宣伝、宣伝、宣伝、宣伝、宣伝。参加者が単独で責任を負うものとします。
映画制作者は、自社の映画および知的財産に関するすべての権利、権原、利益を完全に保持します。 また、主催者はその宣伝パートナーと情報を共有することができます。 最終上映のために選ばれた映画@@

は、インド全土のフィルムの最大5つ(非営利)上映のフェスティバル権利を付与し、検討および/または競争または特別上映のために他のフェスティバルに映画を推薦することができます。 これらの上映の唯一の目的は、映画制作者とその作品を宣伝することです。

私たちはあなたに伝えない限り、あなたの映画を見せたり、スクリーニングすることはありません。

賞の認定:応募者は、賞を受賞した場合、映画自体に賞を認めることに同意する必要があります。 コピーの@@

返品:文化的、非営利的、非営利の祭り、アーカイブ上映のために、フェスティバルのコピーは主催者の映画アーカイブに保管されます。

キャンセル/拒否:アロギア・セナによって任命されたSmita Patilドキュメンタリーおよび短編映画祭の中核委員会は、提出をキャンセルする権利を留保します。また、フェスティバルの過程を乱す違反や誤動作に対して何らかの措置を講じる権利を留保し、すべての ドキュメンタリーまたはショートフィルム、または個人または機関の登録/応募を拒否する権利。 学生ショートフィルムとしての検討@@

のために、学生ショートフィルムのディレクターは、現在または最近卒業したフルタイムの学生であり、研究所でのコースの一部として行われなければなりません。 フィルムが学生カテゴリの下に提出@@

された場合学生の写真付き身分証明書をアップロードする必要があります。 提出は、提出する学生の有効な身分証明書を contact@spiffpune.in 宛てに電子メールで受け取った後にのみ考慮されます。 映画に複数のディレクターがいる@@

場合、チームはすべてのコミュニケーションの重要な人物として取締役の一人を指名する必要があります。

提出は、提出期限までに、必要なすべての書類およびドキュメンタリーまたはショートフィルムの最終審査コピーを受け取った後にのみ有効とみなされ、最終応募とみなされます。 2019年11月12日までに選ばれた作品の原作者へのメール通知が届きます。

正しい/有効なEメールが当社に提供されていることを確認してください。

選考通知@@
後、いかなる状況においても映画祭から撤回することはできません。 多数のエントリーを受領した@@

ため、受け付けていない作品へのフィードバックはご提供いただけません。 映画提出料は返金不可です。 事前選考委員会と最終審査員によって宣言された@@

結果は、最終審査として扱われ、すべての参加者はそれらを遵守します。 国際入賞者には、30日かかる場合がありますオンライン転送で賞金を受け取ります。 提出者が映画製作者/プロデューサーでない@@

場合は、送金プロセスに関してフェスティバルから送信されたメールから 15 日以内に、映画製作者/プロデューサー/権利者に詳細を伝えるのは提出者の責任です。 連絡を@@

怠ると、送金手続きが遅れることがあり、30日後にフェスティバルは送金をキャンセルする権利を留保します。 EメールIDの更新を要求しない限り、送信時に提供されたEメールIDにのみ連絡が取られます。受賞者

には、審査送金に必要な追加書類があれば、送金手続きの書類を受け取った後にのみ通知されます。

が起動します。

国際送金はペイパール経由でのみ行われます。 トロフィーや証明書の収集@@

のために、提出者は、アレンジメントフェスティバルは、必ずしもアレンジメントを行うとは限りません。

Arogya Senaと陪審員は、結果に関する明確化または正当化を誰にも与えるためのバインディングを持っていません。

重要な注意:アロギャ・セナによって任命されたSmita Patilドキュメンタリーおよび短編映画祭の中核委員会は、規則や規制や競争のスケジュールに変更を加える権利を留保します。 日程やガイドラインは、予告なく変更されることがあります。 フィルムをSPIFFに提出@@

することで、記載された利用規約に同意したものとみなされます。 フェスティバルの最新情報を受け取@@

るには、フェイスブックでフォローしてください | ツイッター | Instagram @spiffpune.


  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン